「フラッグデザインをオリジナルで作成」って広告を出してる業者は、日本でも探せば意外と出てきますが、実際のところどこまでのオリジナルデザインのフラッグが出来るのでしょうか?

今回は、一般的にはまず知らないであろう印刷業界の内情も含めて私が調査した結果をぶっちゃけ気味にご紹介いたします。

なお、業者の名前はさすがに業務妨害にあたりますので控えさせていただきます。ご相談は、カラーガード応援サイトReesetでも「ぶっちゃけ相談」受け付けております。

テーマ「オリジナルフラッグを作る前に…」は、例のごとく長くなってしまいましたので、今回は第一弾とし、5つに別けてお届けいたします。

結論から言いますと、私が調べた限り、まともにフラッグをオリジナルデザインしてくれる業者は、皆無と言っていいほど日本にはありません。

「え?ウソ〜あるじゃん!」を思う人もいる事でしょう。現時点で私が知っている限り、私にとって「オリジナル」とは到底呼べない事をしている業者はもちろんいますが、「まともにフラッグをオリジナルデザインしてくれる業者」は、本当に皆無と言っていいと思います。

では、なぜ「オリジナル」と謳っているのでしょうか?

「なんちゃってオリジナル」

まず、本来のオリジナルデザインとは似ても似つかないサービスの事を「なんちゃってオリジナル」と名付けたいと思います。

理想のオリジナル

私が提案する理想の「オリジナル」とは、「依頼者の目的達成のために必要な独自性を持つデザインアイテム」のことです。これは、カラーガードフラッグに限らず、あらゆるデザインアイテムにも言える事ですが、今回は、カラーガードフラッグについてお話しします。

つまり、単に依頼者が自作した柄をフラッグにする事が「オリジナル」ではない。もう少し付け加えると「デザインされているべき品質」でなければ「オリジナル」とはならないと考えます。

直訳すれば「オリジナル」とは、「元の」「原画」といった意味になりますが、デザインの世界で「オリジナル」とは、「独創性」と意味します。「独創的」にすれば「クリエイティブ」となり、単に「元の」といった意味ではなくなります。

つまり、ただ手作りであれば「オリジナル」ということではないわけです。「なんちゃってオリジナル」のオリジナルは、「元の」といった意味で捉えた方がしっくりくると思います。

デザインとは

日本語では、デザインという言葉が単に「柄」や「設計」を指す言葉になっている事がありますが、現代においては意味が飛躍的に変わりモノにとらわれず「人を動かすあらゆる事柄」を指すようになりました。

デザインされたフラッグってどんなフラッグ?

フラッグの場合は、デザインの対象のひとつが柄になりますが、単に好きな柄あるいは奇抜な柄、デザイナーや画家が描いた柄の事を「デザインされたフラッグ」とは言いません。「人を動かす事の出来る表現」が唯一「デザインされたフラッグ」と言えます。

それをどうやって証明するのか。それはただひとつ、実験証明しかありません。

カラーガードパフォーマンスの中で言えば、デザインされたフラッグがパフォーマンスに良い影響を与えて、結果、観客の心が揺れ動いた時、初めてそのフラッグは「デザインされたフラッグ」と言い切る事ができます。だからこそデザインする価値があるわけです。もちろんこれは、フラッグに留まる話ではありません。

チームという組織をデザインする事にも繋がっていきます。スタッフが充実している組織は、組織運営がデザインされていると言って良いでしょう。そんな組織に触れた人たちが充実されれば、もう一段階上の組織自体がデザインされていると言えます。

オリジナルフラッグを作る前に…第一弾

でした。次回は、「なんちゃってオリジナル」についてぶっちゃけたいと思います。

投稿者について

Color Guard Partner Reeset
代表/富田 學  Marching.Name/Chu-(ちゅう)

デザインとマーチング特にカラーガードのサポートを日々の仕事として活動中。
個人商店から中小企業へ事業におけるデザインアイテムの制作から運用アドバイス。これからデザイン系の仕事に就きたい人たちへのプライベートレッスン。
一般団体や学校内部活動のマーチングバンドへのビジュアルアドバイス、カラーガード専用デザインフラッグArt*Flagの制作・製造、チーム公式グッズの開発、定期演奏会用パンフなどイベントグッズの制作。

1995年/中部カラーガードセクションに入隊。BlueDevils instructor,Madisonscouts instructorに師事。2005年/Winter Guard 倭舞Second term。2006年/Yamato Drum & Bugle Corps YAMATO。2007年/Tokai Visual Arts team FAVORIS,その後デザインマネジメント事務所FAVORIS設立。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA